https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css

元俳優が精神疾患になって社会復帰して結婚して子どもがいる話~オーディションの話~

ある程度バイトにも慣れ、風呂問題も解決しましたので、いよいよ俳優活動を始めます。

 

今日はオーディションの話です。

 

当時、俳優活動するならとにかく芸能事務所に入らねばあかんという思考でした。それで俳優を募集してる芸能事務所を探して履歴書を送りました。募集しているとこあるんすよ、募集はね。確か5、6社は書類選考を通過して面接してもらいました。

 

結果、全落ちです。

 

まぁ文章にするとこんなもんなんですが、それまで胸が高鳴っていよいよ俳優生活スタートや!ってなり、落ちてズドーンと落ち込んだり。まぁきつかったです。僕は学生劇団の時にそれなりにチヤホヤされて結構な自信を持っていたので、なんでやねん!という思いは強かったです。なんであかんのやろと。

公に募集してる所はあかん、こーなったら直接売り込もう。そう思って、超売れてる芸能人が3名くらいの小さな事務所をターゲットにしました。小さい事務所の方が手厚いマネジメントをするんじゃないかなと思いまして。

それで住所を調べ、とあるマンションに行きました。

玄関でインターフォンを鳴らします。

「どちらさまですか?」と

こうこう、こういう事情で私は直接売り込みにきました旨、説明しました。

「うちは募集してないので」と

あっさり門前払いでした。

これでは終われません、なんの為に上京してきたんやと。てっぺん取る為にきたんやぞと。私は次の日も行きました。

門前払いでした。

その次も行きました。その次も、しつこく行きました。多分、一週間くらい連続で。

そしたらドアまで案内されました。

よし。諦めなくて良かった。扉は開くのだ。

 

それで履歴書を受け取ってもらえたんですけど、それからは何の連絡もありませんでした。僕もそれ以上しつこく訴え続けても良くないなと思いまして。縁がなかったのだと思いました。

 

それから事務所のオーディションを受けるのは辞め、一度自分の演技スキルを磨こうと思い俳優養成所に通うことにしました。

上京して一年が経った頃です。