https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css

元俳優が精神疾患になって社会復帰して結婚して子どもがいる話~ついに全国デビュー~

最初に言っておきます。
全国デビューと言っても全国紙の雑誌に僕の写ってるチラシが掲載されたという話です。

それはある舞台のオーディションから始まります。二週間くらいオーディションがあって、料金も確か2~3万くらいしたと思います。

その舞台は昔、今では超大物俳優となった人が出演したこともあります。僕は何がなんでも合格し、ブレイクしたいと思っていたんですね。

参加者のレベルは高かったです。みんなすごい芝居が上手かったです。必死にくらいついていきました。

その二週間が終わった後「もう一度演技がみたい」と言われ、ある台本の役を一通りやりました。女優さんとの組み合わせも試された感じでした。

それから数日後、また連絡をもらい参加して欲しいと言われました。役は「ある男」。メインじゃなくていろんなシーンに登場するある男の役でした。

それでも嬉しかったです。まともにオーディションに受かったのは多分初めて。

で、チラシの撮影とかしてそれが雑誌に載ったんですね。すごい嬉しかったです。書店に並んだ本に僕の顔が写ったページがあるわけですから。その雑誌は実家に送りました。

「俺、頑張ってるよ。これからもっと頑張るよ。」的なメッセージを込めて。

そしたら本番、母親が見に来てくれました。
遠い地元から。
母さん、これが今の僕の仕事だと言わんばかりフルで公演を行いました。母は舞台が終わってすぐに帰ったようでした。

その舞台でギャラももらいました。多くはないですけど、少なくもない額でした。やりたい事をやって、それがお金になる、その経験は本当に良かったなと。

でもそこからはちょっと間違ったスタンスになっていったのも事実です。そう、ギャラのない公演にはあまり参加しなくなりました。自分としても俳優で食べていけるように着実に進みたかったからです。結果としてバイトが増え、出演から遠ざかりました。

これは真の教訓となっています。
目先のお金より、いい作品や人との出会いの方が大事だったんです。